光をまとうレース

今日は、制作への意識が180度変えられるきっかけとなった出来事についてお分ち致します。

ある時、自然の中を一人で散歩していました。
その頃は心がすっかり疲れていて。。。

一つの痛みをともなう出来事があり、
それをきっかけに、過去の薄暗い記憶の数々が思い出され
出口のない中を、ぐるぐると回っているようでした。
鳥の声や、緑の香り、そよそよ吹く風が
痛みを和らげてくれるように感じ、黙々と歩いていく。。。

目に映るものを、追いながら足を進めるうちに、何か気になってそちらを見ると

虫に食われたボロボロの葉。

それも、周りの葉は生き生きとしているのに、
なぜかその葉だけが穴だらけに。。。
たまたま虫に見つけられやすい場所に生えていたのでしょうか。
目の前の葉と心が重なりました。
ボロボロで、みじめで、醜く、痛々しいと
その頃は、いつも感じていましたので。

しばらく、その葉をながめていると、
新しい思いが浮かんできました。
少し前に観た映画:「パッション」のキリストの姿、
そして葉のイメージが重なり、一つの言葉が響きました。

”まことに、彼は私たちの病を負い、私たちの痛みをになった。だが、私たち
は思った。彼は罰せられ、神に打たれ、苦しめられたのだと。しかし、彼は、私
たちのそむきの罪のために刺し通され、私たちの咎のために砕かれた。彼への懲
らしめが私たちに平安をもたらし、彼の打ち傷によって、私たちはいやされた”
(旧約聖書:イザヤ書53章5節)

何度も読み、よく知っている箇所でしたが
私への語りかけとして、初めて受け取ることができました。
ボロボロになった、穴だらけの心を
キリストが代わりに引き受けてくださったのです。
そのことを、ハッキリと知ったとき
生まれて初めて 自由な場所に心が移され
そこに住むようになりました。

心の闇と痛みが、光によって消し去られて。。。

虫食いの葉は病や痛みの象徴ではなく、
光をたくさん通す、美しいレースにかわり
気持ちよさそうに、風にゆれて踊っているようでした。

   

2件のコメント

すごい!とてもステキな劇的体験だったのね。
こういう転機
神様は1人1人に用意してくれてるのかも。

とても貴重な経験で、しまっておくのはもったいないので
ここにシェアしてみました✨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です