『バル・ミツバ』と『バト・ミツバ』ユダヤの成人式

13歳、12歳で成人

ユダヤ人社会では男の子の成人は13歳で”バル・ミツバ(Bar Mitzvah)”と言い、女の子は12歳で”バトミツバ (Bat Mitzvah)”と言います。ミツバとはユダヤ教の戒律のことで、守ることが出来る年齢=成人とされます。ここでの「成人」は、結婚できるとか、選挙権があるという意味ではありませんが、神様の前に良いことと悪いこととを認識し、責任を持って行動することが出来る年齢ということになります。

お祝いの内容

13歳あるいは12歳の誕生日迎える週の礼拝の中で成人の儀式が行われます。羊皮紙にモーセの律法が記された”テフィリン”というテープを額と腕に巻き付けて、”タリート”という祈るときにまとう布をまといます。

そして、その週に読まれることになっている聖書を朗読するのですが、この日に備えてユダヤ教の教師のもとに通って準備します。

この一連の儀式が終わり、正式に大人として迎えられ、その後は親せきや友人たちに囲まれて盛大なパーティーをします。

ガブリエル
イエス様の時代には”バル・ミツバ”はまだ正式には定められていませんでしたが、やはり大人と認識される年齢だったと言えるでしょう。

バル・ミツバ 映像

バル・ミツバのパレード