イエスの十字架を見守った4人の女性-聖書と絵画ー

blank
ガブリエル
イエスが十字架に架かられた時、4人の女性達がそばで見守っていました。

マタイの福音書 27:56

その中にはマグダラのマリアヤコブとヨセフの母マリアゼベダイの子たちの母がいた。

ヨハネの福音書 19:25

イエスの十字架のそばには、イエスの母その姉妹、そしてクロパの妻のマリアマグダラのマリアが立っていた。

マルコの福音書 15:40

女たちも遠くから見ていが、その中には、マグダラのマリアと、小ヤコブとヨセの母マリアと、サロメがいた。

blank
ガブリエル
3つの福音書の記事を比べてみると、十字架のそばには4人の女性が寄り添っていたことがわかります。書かれていることを総合してみると①イエスの母マリア ②マグダラのマリア ③ヤコブとヨセフの母(クロパの妻)マリア となり、それぞれ別々の表現で書かれていますが4人目の女性は④イエスの母の姉妹(サロメ)であったと言われています。

blank
十字架降下
ファンデル・ウェイデン
プラド美術館(スペイン)
1435年頃

blank
ガブリエル
左から、ヤコブとヨセフの母(クロパの妻)マリア、赤い衣装の男性はヨハネ、その隣はイエスの母の姉妹(サロメ)、下に倒れている青い衣装の女性は、イエスの母マリアマグダラのマリアです。