キリストの変容の後に

ガブリエル
キリストの変容の直後に、このような出来事が起こりました。

↓キリストの変容についてはこちらをご覧ください

口をきけなくする

マルコ9章14節~17節

さて、彼らがほかの弟子たちのところに戻ると、大勢の群衆がその弟子たちを囲んで、律法学者たちが彼らと論じ合っているのが見えた。群衆はみな、すぐにイエスを見つけると非常に驚き、駆け寄って来てあいさつをした。イエスは彼らに、

イエス
あなたがたは弟子たちと何を論じ合っているのですか
とお尋ねになった。すると群衆の一人が答えた。
先生。口をきけなくする霊につかれた私の息子を、あなたのところに連れて来ました。その霊が息子に取りつくと、ところかまわず倒します。息子は泡を吹き、歯ぎしりして、からだをこわばらせます。それであなたのお弟子たちに、霊を追い出してくださいとお願いしたのですが、できませんでした。


キリストの変容(部分)
ラファエロ
ヴァチカン美術館
1518-1520年
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Transfigurazione_(Raffaello)_September_2015-1a.jpg

信じる者には、どんなことでもできるのです。

マルコ9章19節~26節

イエスは彼らに言われた。

イエス
ああ、不信仰な時代だ。いつまで、わたしはあなたがたと一緒にいなければならないのか。いつまで、あなたがたに我慢しなければならないのか。その子をわたしのところに連れて来なさい。
そこで、人々はその子をイエスのもとに連れて来た。イエスを見ると、霊がすぐ彼に引きつけを起こさせたので、彼は地面に倒れ、泡を吹きながら転げ回った。
イエスは父親にお尋ねになった。
イエス
この子にこのようなことが起こるようになってから、どのくらいたちますか
父親は答えた。
幼い時からです。霊は息子を殺そうとして、何度も火の中や水の中に投げ込みました。しかし、おできになるなら、私たちをあわれんでお助けください。
イエスは言われた。
イエス
できるなら、と言うのですか。信じる者には、どんなことでもできるのです。
するとすぐに、その子の父親は叫んで言った。
信じます。不信仰な私をお助けください。
イエスは、群衆が駆け寄って来るのを見ると、汚れた霊を叱って言われた。
イエス
口をきけなくし、耳を聞こえなくする霊。わたしはおまえに命じる。この子から出て行け。二度とこの子に入るな。
すると霊は叫び声をあげ、その子を激しく引きつけさせて出て行った。


タボル山の麓に憑依された少年
ティソ
ブルックリン美術館
1886年-1894年の間

からし種ほどの信仰

マルコ9章27節

するとその子が死んだようになったので、多くの人たちは

人々
この子は死んでしまった
と言った。
しかし、イエスが手を取って起こされると、その子は立ち上がった。

マタイ17章19節~21節

それから、弟子たちはそっとイエスのもとに来て言った。

弟子たち
なぜ私たちは悪霊を追い出せなかったのですか。
イエスは言われた。
イエス
あなたがたの信仰が薄いからです。まことに、あなたがたに言います。もし、からし種ほどの信仰があるなら、この山に『ここからあそこに移れ』と言えば移ります。あなたがたにできないことは何もありません。
※後代の写本に二一節として〔ただし、この種のものは、祈りと断食によらなければ出て行きません。〕を加えるものもある。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ガブリエル
キリスト教文化の国では、からし種は一番小さい単位、最も小さなものを表現するときに用いられ、そこから大きな成果が育つ事の喩えによく用いられています。今日も小さなことを大切にして、大きく育てましょう。

画像出典:Wikimedia Commons
※聖書箇所はすべて新改訳2017を使用しています。