『マニフィカトの聖母』ボッティチェリの作品は、聖書の中でイエスの母マリアが捧げた祈りがテーマです

『マニフィカト』とは

ガブリエル
マニフィカト(Magnificat) は「我が心、主を崇め。。。」の意味で、この言葉から始まる、イエス・キリストの母マリアが神様に捧げた感謝の祈りですが、メロディーをつけた歌にもなっています。
イエス・キリストを聖霊によって身籠った事を知ったマリアは、親戚のエリサベツの家に向かいますが、その対話の中でマニフィカトが書かれています。

詳しくは下記の記事にまとめてありますのでご覧ください。

『マニフィカトの聖母』ボッティチェリの作品


マニフィカトの聖母
サンドロ・ボッティチェリ
Sandro Botticelli
ウフィッツィ美術館(フィレンツェ)
1483-1485年頃
木、テンペラ

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/2/23/Madonna_of_the_Magnificat.png

トンドと呼ばれる円形の中に納められた母子像は、ルネサンス期にサンドロ・ボッティチェリによって制作されたものです。この頃ほぼ40裁だったボッティチェリは芸術家としての成熟期でした。

マリアの表情は美しく、頭から肩までブルーとピンクの上質なスカーフが巻き付けられ、
ブロンドの髪はベールで被われています。

ガブリエル
とても洗練された、上品な女性として描かれていますね。
天の光、冠、マリア、イエスの頭部の光、マリアの髪の毛と天使たちの髪の毛の部分、マリアのガウーンの飾り部分は、金色で描かれ、作品をより神々しく装飾しています。

マリアは幼子のイエスの手に導かれて本の右側に、マニフィカトの冒頭部分を書いているところです。左側にはベネディクトゥスと呼ばれる、洗礼者ヨハネの父ザカリアの祈りが記されています。

リバティー
マリアさんとイエスさまは、ざくろを手にしていますが、ざくろはイエスの受難の象徴として描かれることが多いそうです。
更には、子孫繁栄も意味するため受難の後のキリスト教が世界中に広まること(霊的な子孫)も意味しているのかもしれないですね。

※ベネディクトゥスは下記の関連記事の中に記載されています。

 

『マニフィカトの聖母』聖書個所 日本語

ルカの福音書 1章 39〜56節

マリア
私のたましいは主をあがめ、
私の霊は私の救い主である神をたたえます。
この卑しいはしために
目を留めてくださったからです。

ご覧ください。
今から後、どの時代の人々も
私を幸いな者と呼ぶでしょう。

力ある方が、私に大きなことを
してくださったからです。

その御名は聖なるもの、主のあわれみは、
代々にわたって主を恐れる者に及びます。

主はその御腕で力強いわざを行い、
心の思いの高ぶる者を追い散らされました。

権力のある者を王位から引き降ろし、
低い者を高く引き上げられました。

飢えた者を良いもので満ち足らせ、
富む者を何も持たせずに追い返されました。

主はあわれみを忘れずに、
そのしもべイスラエルを助けてくださいました。

私た
ちの父祖たちに語られたとおり、
アブラハムとその子孫に対するあわれみを
いつまでも忘れずに。

『マニフィカト』の音楽

Bach – Magnificat BWV 243 – Van Veldhoven | Netherlands Bach Society

J.S.バッハ 「マニフィカト」 ニ長調 BWV243 カール・リヒター J.S.Bach “Magnificat”