【12使徒】大ヤコブについて聖書と絵画から見ていきましょう。

大ヤコブはイエスの側近

blank
ガブリエル
ゼベダイの子ヤコブ(大ヤコブ)はイエスの12使徒の一人であり、更に3弟子の一人としてイエスのすぐ側で仕えた人物です。重要な場面で、イエスに同行をゆるされ特別な学びと訓練の機会を得ました。最初にその3つの出来事について名画と共に見ていきましょう。

blank
使徒ヤコブ
グイド・レーニ
ヒューストン美術館
1636-1638年頃
Guido_ReniーSaint_James_the_Greater_

大ヤコブ、ヤイロの娘の蘇生に立ち会う

blank
ガブリエル
1つ目は、会堂管理者のヤイロの娘が亡くなった現場にイエスと共に駆けつけて、イエスが娘を蘇生させるという出来事です。
この時、ペテロ・ヤコブ・ヨハネは娘の父母と共に一緒にいることを許されました。

ルカの福音書8章54節~55節

しかし、イエスは少女の手を取って叫ばれた。

blank
イエス
子よ、起きなさい。
すると少女の霊が戻って、少女はただちに起き上がった。

blank
ヤイロの娘の蘇生
イリヤ・レーピン
1871年
ilya-repin/raising-of-jairus-daughter
↓『ヤイロの娘の蘇生』について、名画と共にまとめた記事はこちらになります。

blank

大ヤコブ、イエスの変容を目撃する

blank
ガブリエル
2つ目はイエスが山上で姿が変わられた出来事の時です。
ある日、イエスはペテロとヤコブ、ヨハネを連れて山に出かけました。
山に到着すると、3人の目の前で姿が変わり顔は太陽のように輝き、衣は光のように白くなられました。そして、その場所にイスラエルの預言者モーセとエリヤが現れ、イエスがこの後エルサレムで成し遂げられることについて3人で話し合っていたのです。その後下のような出来事に続きます。

マルコ9章7節~9節

そのとき、雲がわき起こって彼らをおおい、雲の中から声がした。

blank
父なる神
これはわたしの愛する子。彼の言うことを聞け。
彼らが急いであたりを見回すと、自分たちと一緒にいるのはイエスだけで、もはやだれも見えなかった。さて、山を下りながら、イエスは弟子たちに、人の子が死人の中からよみがえる時までは、今見たことをだれにも話してはならない、と命じられた。

↓『キリストの変容』について、またその名画についてさらに詳しくはこちらにまとめました。合わせてお読みください。

blank

大ヤコブ、ゲッセマネの祈りの時もイエスのすぐ傍に

イエスは十字架に架かられる前の晩、弟子たちと共に食事をした後ゲッセマネという所で、弟子たちと共に祈られました。
汗が血のしずくのように落ちるほど、苦しみ天の父の前に心を注ぎ出されました。
そのような時も、ヤコブはペテロと弟のヨハネと共にイエスのすぐ傍に居ることを許されました。

マタイ26章36節ー46節

それから、イエスは弟子たちと一緒にゲツセマネという場所に来て、彼らに

blank
イエス
わたしがあそこに行って祈っている間、ここに座っていなさい
と言われた。
そして、ペテロとゼベダイの子二人を一緒に連れて行かれたが、イエスは悲しみもだえ始められた。
そのとき、イエスは彼らに言われた。
blank
イエス
わたしは悲しみのあまり死ぬほどです。ここにいて、わたしと一緒に目を覚ましていなさい。

↓『ゲッセマネの祈り』については、下記に詳しく書かれています。

blank

大ヤコブの宣教

イエスの昇天とペンテコステを経て、ヤコブは力強い宣教者に変えられエルサレム教会の中心的な立場でした。彼はイエスの言葉を伝えるためにイベリア半島へ渡り、宣教を拡大しました。

blank
ヤコブ、魔術師エルモゲネスを解放する
(外典:聖ヤコブ伝より)
フラアンジェリコ
キンベル美術館(テキサス州、米国)
1434年-1435年

大ヤコブの殉教

44AD年に彼がユダヤ戻ったとき、ヘロデアグリッパ1世がクリスチャン達を異端視する、権力あるユダヤ人たちの関心を引くために、リーダーであったヤコブを殺害します。

使徒の働き 12章 1〜2節

そのころ、ヘロデ王は、教会の中のある人たちを苦しめようとしてその手を伸ばし、
ヨハネの兄弟ヤコブを剣で殺した。”

blank
サンティアゴの殉教
ズルバラン・フランシスコ
プラド美術館(スペイン)
1640年

大ヤコブのシンボルはホタテ

大ヤコブは、イベリア半島にキリスト教を確立した後、ユダヤに戻り、処刑されたため、一般的には巡礼者の守護聖人と見なされています。ホタテ貝殻は、彼が宣教したガリシア地方の海岸に沢山あるため、巡礼者のシンボルになったと言われています。巡礼者は自国に戻ると、帽子にホタテの貝殻を飾り、敬虔さを示したそうです。

blank
聖ヤコブ
レンブラント
1661年
Rembrandt_-_Sankt_Jakobus_
この作品の中でヤコブは、巡礼者の装いで描かれています。彼の肩にはホタテ貝殻があり、巡礼者の帽子と杖が描かれています。

blank
ガブリエル
ボアネルゲ(雷の子)と呼ばれたヤコブでしたが、その名の通り勢いよく光り輝き、地上での生涯を駆けて、神様の栄光を現す人生を送ったんですね。
blank

画像出典:Wikimedia Commons
※聖書箇所はすべて新改訳2017を使用しています。